Sundance Catalog

インスタント サービスを BoldChat に置き換えた結果、状況がすぐに改善されました。

エグゼクティブ サマリ

組織全体に BoldChat を実装した結果、コンタクト価格を低減したり、問題をより迅速に解決したりできるようになるなど、さまざまなメリットが得られました。


「信頼性と費用対効果に優れ、実装が容易なツールを探しているのであれば、BoldChat に勝るものはありません。オプション機能も使いたければ、それも入手すれば、それぞれの長所を余すところなく活用できます」

Tim Taggart 氏、カスタマー サービスおよびフルフィルメント ディレクター Sundance Catalog

課題

Robert Redford の Sundance Group の一部である Sundance Catalog が、独特の風合いのあるハンドクラフト製品を紹介する目的で顧客に初めて郵送されたのは 1989 年でした。オンライン店舗を追加した後、2001 年には、顧客サービス体験の一部としてチャットを導入しました。同社は 10 年間にわたり、インスタント サービスを利用していましたが、サービスも対応力も低下していたので、新しいソリューションを探すことにしました。

ソリューション

Sundance Catalog には新しいプロバイダの明確な要件があり、堅牢なプラットフォーム、優れた顧客サービス、使いやすさ、顧客とのやり取りの分析に役立つ豊富なレポート機能を評価して BoldChat を選びました。ソリューションの選考中に第 3 四半期の終わりが近づいていたので、迅速に実装可能なソリューションを必要としていました。BoldChat を採用したことで、担当者トレーニングを含む実装作業を 45 日以内に完了できました (BoldChat の存在を初めて知った日から起算)。そのうえ、技術面での専門知識を活かして実装コストも削減できました。

結果

組織全体に BoldChat を実装した結果、以下のような大きなメリットが得られました。

  • トラブル チケットを今後発行する必要はありません。BoldChat を利用したサポートは、テキスト、電話、チャット、電子メールを介して年中無休で利用可能で、より迅速かつスムーズな顧客サービス体験を提供できます。
  • BoldChat のライセンスは選択肢が豊富で、コンタクト価格を大幅に低減できます。また、ライセンス コストを管理してビジネスの季節変動に対応することもできます。
  • 担当者が各自のビジネス ニーズに応じてインターフェイスを自由に修正できます。