連携

企業はさまざまな製品やソリューションを利用しながら、毎日の業務をこなしています。とりわけ Bold360 では、機械も人も、すべてが調和して動かなくてはなりません。Bold360 に統合されたすべての機能がワークフローをスムーズにし、機能を強化して、セールスとサポートのオペレーションを拡大します。

Salesforce®*

チャットで明らかになった価値の高い情報を、Salesforce へ自動的に送信できるため、お客様の情報を豊富に集めることが可能です。リンクや画像、あるいは参照元 URL やチャット起動 URL、地理的 IP データ、連絡先などの見込み客情報など、通常は入手できないような情報が含まれたチャット データをすべて保存することができます。

  • アクティブまたは非アクティブのチャットからオブジェクトを作成して、チャットの全履歴を Salesforce の記録から表示可能にすることもできます。
  • チャットから離れることなく、Bold360 のデータを Salesforce のタイプのオブジェクト (カスタムなオブジェクトも可) にプッシュできます。
  • チャットが Salesforce 内で自動的に関連付けられ、適切に割り当てられます。
  • 担当者に必要なフィールドだけが表示されるようにビューをカスタマイズできます。

Zendesk

Bold360 をチケット処理システムとリンクさせることにより、コンタクト センターのワークフローを合理化し、効率をアップします。担当者は Bold360 で作業をしながら、アプリケーションを切り替えることなく Zendesk の情報へ瞬時にアクセスできます。また、Live Chat を Zendesk のヘルプ ページへ追加することにより、サポートを必要としているお客様を監視し、プロアクティブにエンゲージメントすることができます。

  • Zendesk の新しいチケットを Bold360 Workspace 内で瞬時に作成。
  • 既存のチケットを検索し、チャットをしながら関連する情報を収集。
  • Bold360 から直接、チケットに含まれるフィールドを更新。
  • 既存のチケットを現在の対話とリンクさせてレコードを保持。
  • チャットの最後に、対話の内容を Zendesk のチケットに自動的にプッシュ。

Lionbridge による GeoFluent*

言語の違いを克服し、お客様の母国語でチャットすることで、サポートの範囲を地理的に拡大することができます。GeoFluent では、オンラインの対話を双方向でシームレスに、そしてリアルタイムに翻訳することができます。

  • サポートする言語は、英語、フランス語、スぺイン語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、アラビア語、中国語繁体字および簡体字、日本語など、40 を超えます。
  • ブランド名や業界用語、スラング、誤字、略語なども識別し、わかりやすく翻訳します。
  • 翻訳されたテキストのプレビューを担当者が選択し、必要なら修正を加えてお客様に送信することができます。
  • お客様の言語が変更されると、新しい言語に合わせて対話を素早く変更できる「言語スワッピング」にも対応しています。

Google Analytics*

サイトのチャット データを Web 全体の分析結果に統合することで、Live Chat と Web サイトがうまく連携しているかを調べることができます。チャットをしたお客様を別の種類の訪問者として表示する、チャットが Web サイトの重要な指標にどう影響するかを調べる、チャットが企業の目標に及ぼす効果をトラッキングする、お客様に喜ばれるチャットに多いトラフィックの種類を調べる、といったことが可能です。

よりスマートでお客様に合ったエンゲージメントを実現。

デモをリクエストする